電子部品を扱う工場での人材の事情

電子部品の生産を行っている工場で働いている人は全て専門知識を持っているエンジニアだと考えている人もいるかもしれません。しかし、現実的にはそのような状況のことはほとんどありません。その実情を知っておきましょう。

電子部品生産における切実な事情

電子部品の生産を行っている工場の実情をよく理解するためには、業界としての実情をよく知っていなければならないでしょう。電子部品を使って様々な製品が生産されるようになりましたが、多くの有名企業が最終的に消費者の手元に届く電気製品の生産を行っているのが現状です。電子部品は外注して生産効率を高めるという傾向が強まっているため、その下請けを行う業者としてはいかにして有名企業との契約を獲得するかが切実な問題になっています。その際に重要になるのが扱っている電子部品の種類の多さ、品質の高さ、コストの低さの三点であり、いかにしてこれを実現するかが業界における課題となっているのが実情です。これが現場で働いている人材や通販等で販売するときに大きな影響を与えています。

エンジニアは不可欠でも全員でなくても良い

電子部品の生産を行っている工場では、実際にはエンジニアが極めて少ない人数しかいないということが珍しくありません。業者によっては、全員をエンジニアとしている場合もありますが、特殊なケースと理解をした方が良いでしょう。電子部品の単価をできる限り下げなければならないため、人件費が高くなるエンジニアは、最少限度の人数にしなければならないという実情があるのがこの現場です。エンジニアとしてのスキルがない人でも、代替可能な作業であれば他の人を安く雇うという形で、運営が行われることが多くなっています。個々の作業については必ずしもエンジニアでなくても行えるものがあるため、随時非エンジニアを起用してうまく人件費を削減しているのです。電子部品が通販で売られるのはこうした人件費を抑える目的もあります。

典型的な非エンジニアの作業

電子部品の生産を行っている現場で働いている非エンジニアの作業として典型的なのは組み立てと点検、そして管理です。細かな回路の設計や構築は高い品質が必要になるため、ロボット化して行うかエンジニアの手によって行われています。しかし、手元の作業として大雑把でも構わない組み立ての作業であれば非エンジニアであってもそれほど問題はありません。また、完成品の点検についても基本的なプロトコルが確定していれば、誰でも行えることが多いのです。また、ロボットなどによる自動化された作業が多くなっているため、その管理担当として非エンジニアが起用される場合もあります。このような形で各所にエンジニア以外の人材が点在しているのが電子部品生産の現場の特徴です。人件費を抑えることで、電子部品を通販で売ったときに利益を出しやすいというわけです。