電子部品を基軸にして起業するときの重要点

電子部品は様々な電気製品を生産し、通販などで販売するために不可欠なものであり、それを基軸にして新しい事業を起こすことは可能です。エンジニアとして働いてきた人が独立して起業したいと考えたら、その考え方について重要な点があります。

目標に合わせた方法の選定

電子部品を扱う技術にも様々なものがあるため、どのような事業を行っていくのかに応じて方法を選定することが欠かせません。最初に掲げなければならないのが目標です。どのような事業を行って、何を達成したいのかを明確にすることから始めましょう。オリジナルの電子部品を制作して売っていきたいという場合でも、その種類に応じてどの市場を対象にするかを考える必要があります。また、生産量と売り上げの関係をよく考えて、どのように生産を行っていくかも考えなければならないでしょう。できるだけ短期的な目標を具体的に考えて、それに適した方法で起業するのが賢明です。電子部品を取り扱う競合他社は多いからこそ、通販などの知識を得て失敗のリスクを減らすスタートを切らなければならないでしょう。

スタートアップの規模をまず決定

目標が定まったらまず決定した方が良いのがスタートアップの規模です。受注販売のオーダーメイドの電子部品を扱っていこうと考えるなら、自分一人でもできる可能性があります。フリーエンジニアとなって仕事を募集して請け負っていく道も考慮した方が良いでしょう。自分一人でできる範囲は限られているということを実感して、事業を拡大したいと考えてから仲間を見つけてベンチャー企業に拡張していくという方法も選ぶことができます。最初から大きくすると大きな投資が必要になり、失敗したときのリスクが大きいでしょう。電子部品の市場では当たり外れが大きいのも事実であり、まずは小さい規模から通販などで事業を始めるという考え方は賢いと言えます。

独立する前に作るコネクション

電子部品の生産は簡単なものであれば一人でもできますが、複雑になればなるほど特化したエンジニアの協力が必要になります。生産効率を上げるための機械を外注して手に入れるともなると、他の業者との連絡も取れるようになる必要があるでしょう。まだ退職してしまう前なら、働いているうちにできる限りのコネクションを作っておくことは大切です。一度職場から離れてしまうと、同じ業界の人に出会える機会は少なくなってしまいます。自分を早めに売りに出して認知度を高めておくように心がけ、名刺交換を積極的に行って必要な時に連絡を取れるようにしておきましょう。その上で独立すれば、困ったときに必要な人材を集めるのに有利になるのです。